今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2021.1.23

 

 

 

 今回は、46年前の1975年にタイムスリップ。この年は、第二次ベビーブームの絶頂期。きのこの山が発売になったり、タイムボカンシリーズやまんが日本昔話がが放映開始されるなど今にも記憶に残る子供向けのコンテンツが多数リリースされた年でした。その中で驚いたのが、この年に巨人が最下位になったこと。1974年に長嶋茂雄選手が引退した翌年。長嶋が監督に就任したその年でした。選手としての自分も含めこれまでの主力選手がチームを離れ、当時のエース王貞治選手が足の故障で試合に出られなかったことから、シーズン早々に最下位に転落。その年は、読売ジャイアンツ史上唯一度だけの最下位という結果となりました。現在も強いのが当たり前の人気のチームだけにそんな過去があったということが驚きです。

 

 その他にも70年代は、野球も相撲もテレビで観るのが当たり前になった時代。西城秀樹、郷ひろみ、野口五郎の新御三家や森昌子、山口百恵、桜田淳子の花の中三トリオなど歌って踊れるアイドルがドラマやバラエティで大活躍していました。この年、デビュー2年目だった山口百恵の相手役となったのが三浦友和。その後、ゴールデンコンビとして伊豆の踊り子、風立ちぬ、野菊の墓など映画やドラマなど沢山の作品が制作されました。

 

 今回は、第二弾となる「潮騒」をご紹介します。伊勢の小島を舞台にした三島由紀夫の小説が原作です。まだ、あどけなさの残る二人についつい引き込まれてしまいます。三島由紀夫の潮騒は、何度も映画化されていてこの作品で4度目。有名な焚き火のシーンでは、裸の二人が抱き合う濃密な場面も二人の清潔感あふれる佇まいが健康的に見せてくれます。恋する二人を取り巻く人達も暖かな眼差しで二人を見ているのがとても微笑ましい作品です。この映画に限っては、三島由紀夫のヒリヒリするような鮮烈な描写は影を潜め、山口百恵と三浦友和の潮騒になっているようでした。この二人が寄り添うとなぜかとってもしっくりきます。劇中の二人の恋路は、様々な障害があって紆余曲折するのですが、絶対結ばれるのだという確信めいたものを抱かせる力があります。

 

 この共演をきっかけに二人は本当の夫婦になったのですが、本当にお似合いの二人。今では二人の息子さんも芸能界で活躍されています。幸せな家庭を築かれた二人の若い姿からどこか暖かい家庭をイメージします。惜しまれつつ引退をしたトップスター山口百恵の素朴な内面が垣間見える映画なのではないのでしょうか?

 

潮騒

DVDパッケージ

公開日:1975年4月26日

上映時間:93分

ジャンル: ドラマ

監督:西河克己

キャスト: 山口百恵, 三浦友和, 初井言栄

【内容】

山口百恵、三浦友和共演で贈る、三島由紀夫原作の感動の名作。ほか初井言栄、亀田秀紀、中村竹弥など出演。(「Oricon」データベースより)

 

●潮騒 [DVD] ¥4,595〜

●amazon primeでも視聴できます。

目次