今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2020.12.19.

 

 

 

 今回は、1973年にタイムスリップ。この年は、新御三家の郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎が大活躍し、花の中三トリオと呼ばれた桜田淳子や山口百恵もこの年にデビューしました。カラーテレビの普及に伴って、お茶の間の人気者が数々誕生しました。また、この年はオイルショックにより物価が急上昇し、大手商社などの買い占めが社会問題となりました。その波及現象としてトイレットペーパー買占め騒動がオイルショックの象徴的な出来事として教科書にも紹介されています。しかし、よくよく話を聞くとこれはデマだったことがわかります。今年のコロナ禍でも同様にトイレットペーパーが街からなくなる現象が起こりました。このような集団心理は昔も今もあまり変わってないようです。

 

 時代は、大量生産大量消費へと生活様式は激変し、銀幕のスターが活躍していた映画からテレビの中で活躍するお茶の間の人気者へと変わっていきました。その中で、都会と田舎の格差がつまびらかになり田舎者が劣等感を募らせ、昔ながらの風習や文化が否定され、大家族が崩壊していったのもこの時代。その証拠に60年代中頃から家族がテーマの映画は非常に少なくなっていきます。そして、旧態然として残る文化の暗部を炙り出すような作品が多く発表されています。今回ご紹介する映画は、斎藤耕一監督の「津軽じょんがら節」。東京のヤクザ者とその恋人がかつて生まれ育った寂れた港町に舞い戻ってくるところから始まります。主演は、江波杏子。色のない寂しい漁村に赤いコートを着て現れる都会の女を情感豊かに演じています。この作品でキネマ旬報主演女優賞を獲得し、代表作となりました。この漁村で生まれ育ったにも関わらず、都会の色に染まった女と何処の馬の骨とも分からぬ男。そして、警戒しながらもそれを受け入れざるを得ない地元住民。都会を象徴するようなスリーピースの背広と赤いコートが貧しい暮らしぶりの漁村の中で、終始違和感を漂わせています。

 

 今回、詳しいストーリーはネタバレになってしまうので控えますが、貧しい漁村で生きていく厳しさ。家族を求めて帰ったのに、そこには温かく迎えてくれる家族はすでにいない侘しさ。それでも、人の温もりを求めずには居られない人間の物悲しさ。孤独を噛み殺して生きていかねばならない宿命。そんな、行き場のない感情が日本海の波のうねりの中に静かに飲み込まれていきます。今の私が観ると、都会の華々しさの裏側にある行き場のないものを受け入れてきた地方の懐の深さと逞しさを感じますが、戦後を生き抜いてきた当時の人たちはどんな思いで観ていたのでしょう。辛いことはもう沢山、主人公のように新しい世界に生きるんだって思っていたのかな。

 

津軽じょんがら節

DVDパッケージ

公開日:1973年12月20日

上映時間:103分

ジャンル: ドラマ

監督:斎藤耕一

キャスト: 江波杏子, 織田あきら, 中川三穂子, 寺田農, 戸田春子

【内容】

津軽のさびれた漁村の停留所に降り立つ一組の男女。東京のバーで働いていたイサ子がイザコザを起こして追われている徹男と生まれ故郷の村に帰ってきたのだ。何もない田舎町で退屈する徹男は、盲目の少女ユキと知り合う。最初はからかうつもりだったが、徹男を慕ってくるユキに次第に愛しさを感じるようになる。だが平穏な日々は続かなかった…。都会から逃げてきた男女と、人と風土の関係を描いた、叙情派・斎藤耕一監督の代表作!(「Oricon」データベースより)

 

●津軽じょんがら節 ≪HDニューマスター版≫ [DVD] ¥4,180〜

●amazon primeでも視聴できます。

目次