今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2020.11.28

 

 

 

 今回は、1970年にタイムスリップしてみましょう。ちょうど50年前のこの年。11月25日は、「仮面の告白」「潮騒」など数々の名作を世に送り出し、戯曲家、俳優としても活躍した三島由紀夫が衝撃的な死を遂げた日でした。この日、三島は陸上自衛隊市ケ谷駐屯地東部方面総監部 益田兼利総監を人質にし籠城。バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起を促す演説をした直後、割腹するという壮絶な死を遂げました。昭和元年生まれの三島は、自身の生涯と昭和の歴史と重ねられ語られることの多い人物で、作品の中ではその時代の持つ問題点を鋭く切り込み、戦後日本の在り方を問うた人でした。

 

 一方、時代は高度成長期の日本では、テレビやラジオなど公共電波が日本全国に普及し、「エメロン」や「マンダム」、ホンダ「Z」や三菱「ギャランGTO」といった若者が憧れる商品を数多く発売して、ますます若者文化が活気付きました。そして、この頃流行っていた映画といえば、東映の任侠映画。高倉健や菅原文太、松方弘樹といったスターが銀幕を彩っていました。この年に公開されたほとんどが任侠系のラインナップ。その中でも、70年は和田アキ子主演の野良猫ロックなど女任侠ものもたくさん公開されました。

 

 そんな任侠最盛期に公開されたのが山田洋次監督の「家族」でした。寅さんの妹役さくらでお馴染みとなった倍賞千恵子の民子シリーズといわれる作品。長崎伊王島という小さな島の炭鉱で働いていた夫が会社の倒産を機に、酪農をするために北海道へ行くことを決めます。小さな子供二人と祖父と共に、長崎から北海道への長い長い旅路を描くロードムービーです。撮影は、道を行く一般の人々の中で行われていて、50年前のリアルな日本人の姿がそこに納められています。今の時代なら飛行機を使えばすぐですが、この時代は列車を乗り継いで行く過酷な旅。長崎の島から船に乗り、北海道へ到着するまでに、様々な苦難を乗り越えた家族にとっては果てしなく遠い道のりでした。

 

 自分の意見は敢えて言わずに家族を想うおじいちゃん。自分の夢を実現しようと奮起するも様々な困難にぶち当たりなんとか状況を打破しようとするお父さん。その中で、子供たちを守り家族の絆を必死で繋ごうと奮闘するお母さん。無邪気に家族の元で遊ぶ子供たち。それぞれが、家族という絆の中で必死に生き抜こうとする切実さが胸を打つ作品です。長崎から北海道まで4日間。家族の運命をガラリと変えてしまった北海道行き。でも最後は、それでも前を向いて行く逞しさが主人公の民子の魅力です。良いことも悪いことも人生の一部。心の拠り所として、家族って欠かせないものだなと強く感じる映画でした。

 

家族

DVDパッケージ

公開日:1970年10月24日

上映時間:106分

ジャンル: ドラマ

監督:山田洋次

キャスト:倍賞千恵子,井川比佐志,笠智衆,ハナ肇,渥美清

【内容】

山田洋次監督が高度経済成長期の日本を背景に、時代に揺れる家族の姿を描いたロードムービー。伊王島に住む精一とその家族。小さな島で家族5人の生活に限界を感じた精一は、勤め先の倒産を機に北海道へ向かう。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。(「キネマ旬報社」データベースより)

 

●あの頃映画 「家族」 [DVD] ¥2,037〜

●Youtubeで視聴できます。

目次