今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2020.10.24.

 

 

 

 今から86年前の1934年昭和9年の世界へタイムスリップ。1930年代は東北地方において試練の年回り。30年は、デフレ政策と豊作によって米価が下落。一転、31年は冷害による大凶作に見舞われた上に、世界恐慌の煽りで都市部からの失業者が帰農し、生活を圧迫しました。33年には昭和三陸津波が起こり、太平洋沿岸部に甚大な被害をもたらしました。そして、34年は記録的な大凶作。貧窮に耐えかねて、青田売りが横行し、欠食児童が増加、娘の身売りやタコツボ労働といった口減らしが行われていました。これは江戸時代の話ではなく昭和の話。今の時代からは想像できないような酷い貧困に身を置いていた人々がいました。「宵越しの金を持たない」のは江戸っ子だけではなく、昭和時代にもその日暮らしの生活がまだ普通にあったのですね。

 

 今回ご紹介する映画もそんな貧しさの中に生きる人々のお話。小津安二郎監督の「浮草物語」。前回の「出来ごころ」に続く、喜八もの第二弾です。第一弾に引き続き、脚本家・池田忠雄との名コンビでまたもキネマ旬報第一位に輝いています。前作の喜八は、息子と長屋で暮らすビール工場の工員という設定でしたが、この作品では、旅芸人一座の座長。幼い息子を可愛がる気のいいお父ちゃんから、少し気性の荒い男っぽい性格に変わっていました。とはいえ、坂本武演じる喜八の人間味溢れる魅力は変わりません。そして、かあやんことおつねさんは飯田蝶子、劇団員の息子を突貫小僧と前回と同じキャストが違う役柄で登場します。

 

 物語は、旅から旅に出掛ける暮らしを続ける旅芸人の喜八が、久しぶりに家族の暮らす土地に興行に来たところから始まります。数年ぶりに会う息子・新吉は、すっかり大きくなり進学のために勉強に励んでいました。しかし、興行の間ずっとおつねの店に入り浸る喜八に嫉妬した劇団の看板女優おたかが店に乗り込んで来ます。それに腹を立てた喜八は激昂しておたかを叱責します。それが面白くないおたかは劇団の後輩おときに新吉を誘惑するよう持ちかけます。最初はただの戯言のつもりだったおときですが、愛瀬を重ねるごとに新吉に夢中になってしまいます。それを知った喜八は、またまた激怒して、おたかと縁を切る覚悟を固め、家族のために劇団を解散させてしまいます。しかし、ようやく家族三人で暮らすのかと思ったのも束の間。喜八は旅へ出てしまいます。

 

 どうして、喜八は父であることを信吉には頑なに話そうとしなかったのでしょう?旅芸人の自分が父であると世間が知ったら信吉に迷惑が掛かると思ったのでしょうか。これも親心なのかとも思いますが、どこか物悲しい想いが残ります。この時代は、都市部と農村部との格差は今とは比べ物にならないほど。町場で成功して欲しいと願えばこその喜八の決断だったのでしょう。この時代ならではの「諦め」が切なく胸に沁みいる作品です。

 

浮草物語

DVDパッケージ

公開日:1934年11月22日

上映時間:89分

ジャンル: ドラマ

監督:小津安二郎

キャスト:坂本武,八雲理恵子,飯田蝶子,突貫小僧

【内容】

世界中の映画人に多大な影響を与えた名匠・小津安二郎監督によるドラマ。坂本武、飯田蝶子、突貫小僧が共演し、池田忠雄が脚本を務めた人情喜劇の傑作『出来ごころ』と『浮草物語』を収録する。2枚組。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。(「キネマ旬報社」データベースより)

 

●あの頃映画 松竹DVDコレクション 「出来ごころ/浮草物語」 ¥3,080〜
※※GYAO!でも視聴できます。

目次