今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2020.9.5.

 

 

 

 今回は、1936年(昭和11年)にタイムスリップ。この年の2月には、日本のクーデター事件2・26事件によって、政府の要人が襲撃されました。教科書にも載っている有名な事件。1400人余の軍を率いて、首相官邸、警視庁、内務大臣官邸、陸軍省、参謀本部、陸軍大臣官邸、東京朝日新聞を占拠した大掛かりな国家を揺るがす大事件でした。5月にはあの有名な阿部定事件が起こり、世間を驚かす物騒な事件が続きます。そして、7月にはのちに幻と消える東京オリンピックの招致が決定。8月にはナチス政権の元開催されたベルリンオリンピックで、200メートル平泳ぎ前畑秀子が日本女性として初めてオリンピックで金メダルを獲得しました。第二次世界大戦が始まる三年前。世界へ躍進する日本において、不穏な雰囲気の年でした。

 

 そして、この年の9月に公開されたのが、小津安二郎監督「一人息子」。サイレント映画を撮り続けてきた小津監督の初のトーキー映画(音声付き)です。日本では、松竹蒲田撮影所が1931年からトーキー映画を製作していましたが、小津監督はそれから遅れること5年後の初公開。劇中で、息子が母親を映画館へ連れて行くシーンの中で、「これが本当のトーキー映画だよ」という台詞を言わせています。その辺りが小津監督の洒落っ気を感じさせます。映画では、一人息子を育てる母子家庭の親子が主人公。長野の製糸工場で生計を立てる母は、勉強をしたいと願う息子のために私財を投げ打って大学卒業まで支えました。しかし、東京の息子を訪ねてみると大学を出て出世しているはずの息子は夜学の教師として細々と暮らしていました。いつの間にか、嫁を迎えて息子を授かっていたのは喜ばしいことですが、苦労して大学まで出したのに、貧乏暮らしの息子にがっかりしてしまいます。

 

 一方、息子は明日の米にも困るほどの暮らしの中で、母親に良いところを見せようと知人に借金をしながらも東京案内をしようと頑張ります。しかし、お金はすぐに底をついてしまい、それを見兼ねた妻が着物を質入れしてお金を渡します。そして、家族揃って出掛けようとした間際、留守を頼んだ隣人の子供が怪我をしたと連絡が入ります。慌てて、病院に担ぎ込み手当てをして難を逃れましたが、しばらく入院する必要がありました。息子は、持っていたお金をそっと渡しました。結局、東京見物に行けず仕舞い。「ごめんよ」と謝る息子に、母親は「お前のことを誇らしく思うよ」と伝え、何者にも代えがたい経験をしたと感謝して長野へと帰って行くのでした。

 

 まさに小津映画独特の世界観。含みを持たせた演出に心地よい余韻を感じます。思うようにならない現実と折り合いを付ける心の葛藤を描いた作品。置き所のない心の行き先を優しい愛で包んで伝えてくれます。84年経った今もみんな同じような葛藤を抱えて生きています。夢が叶わなくとも希望を失わずに生きること。今と共通する人生のテーマです。そして、当時の親子の精神的な距離は、今の私たちにとっては見習うべき所がたくさんあります。「親しき仲にも礼儀あり」の精神が心地よい距離感です。今はヘリコプターペアレンツと言われるような口も手も出す過干渉な親が増えたと言いますが、あーしろ、こーしろと口出しせずにぐっと我慢する姿に深い愛情を感じます。改めて親子って良いなと思わせてくれる作品です。

 

一人息子

DVDパッケージ

公開日:1936年9月15日

上映時間:87分

ジャンル: ドラマ

監督:小津安二郎

キャスト:飯田蝶子, 日守新一, 葉山正雄, 坪内美子, 吉川満子

【内容】

世界の映画人に影響を与えた名匠・小津安二郎監督の茂原式トーキー第1作目となるドラマ。田舎の向学心あふれる少年が、母の期待を背負い進学を志す。十数年後、息子は夜学教師となり、母親との再会を果たすが…。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。(「キネマ旬報社」データベースより)

 

●あの頃映画 松竹DVDコレクション 「一人息子」 ¥3,080〜
※amazonプライムビデオ・youtubeでも視聴できます。

目次