今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2020.8.22.

 

 

 

 今回は、1935年にタイムスリップ。この年は、芥川賞と直木賞が正式に設立された年。文藝春秋を創設した菊地寛によって、日本の権威ある文学賞を目指して誕生しました。今でこそ、毎年話題になっていますが、設立から20年ほどはメディアに取り上げられることもなくこじんまりとしたものだったそう。しかし、転機となったのは1956年の石原慎太郎「太陽の季節」の受賞でした。「慎太郎ブーム」がきっかけとなり、芥川賞と直木賞が注目されるようになりました。そして、この年には築地市場や有楽座が開場されるなど、昭和の古き良きものの始まりの年でもありました。

 

 そして、今回ご紹介するのは、成瀬巳喜男監督の「妻よ薔薇のやうに」。新生新派のために執筆された中野実の戯曲「二人妻」の映画化作品です。第12回(1935年度)キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベスト・テン第1位に輝いた作品です。原作タイトルの「二人妻」の通り、ストーリーには二人の女房が登場します。夫・俊作10年以上前に家を出て行ったきり、ひたすら待ち続けている古女房は、女流歌人の悦子。プライドが高く、お嬢様気質の悦子は、俊作への想いを句に詠み夫の帰りを待ちわびていました。二人の間には、年頃の娘がいます。ある時、娘が父親を呼び戻そうと愛人お雪の家を尋ねるところから物語が展開していきます。85年も昔の話ですが、中々に刺激的なテーマです。

 

 快活な性格の娘が、母と父との間を取り持とうと奮闘しますが、二人の会話は噛み合わず、距離は縮まりません。現代だったら、馬が合わない夫婦であれば、喧々諤々の大喧嘩に発展しようものですが、この二人はお互いに辛抱強く、自分の意見を通そうとガミガミと怒ったりしないところが時代だなと感じます。そして、久しぶりに娘と父親が話をしていくと、だんだん何故父親が母親の元を去って行ったのかが分かってきます。娘から見てもお雪の方が父親を幸せにしていることが分かり、父親をお雪の元へ返そうと決意するのです。

 

 男と女の話ですので、これが正解というものはないのですが、一緒に暮らす上でお互いを尊重することの大切さを教えてくれます。この映画に限らず、昭和初期の頃の人は、諦めることを上手く使って生きていると毎度感心します。自分の思い通りにならないとしても、それを他人のせいにせずに淡々と受け流す力は見習うべきところだなと思います。そして、この映画の中で一番教訓として得たことは、謝ることの重要性。謝れる人・許せる人が最後は幸せを掴むという展開が流石でした。今とは全く異なる価値観の愛の物語。今のドラマにはない含蓄が溢れています。

 

妻よ薔薇のやうに

DVDパッケージ

公開日:1935年8月15日

上映時間:74分

ジャンル: ドラマ

監督:成瀬 巳喜男

キャスト:千葉早智子,丸山定夫,英百合子,伊藤智子,堀越節子,藤原釜足

【内容】

女流歌人の悦子は、十年以上前に砂金を求めて山へと去っていった夫・俊作を強く想いながらも追いかけられない。父を慕う歌を詠む母を見て、結婚間近の丸の内OLである娘・君子は夫婦仲を元に戻そうと奔走する。やがて、遠い土地で芸者上がりの愛人・お雪と同棲し子供までもうけていた俊作を母の元に連れ戻してくるが、久しぶりに顔を合わせた夫婦の仲は冷え切っていて…。(C)1935 東宝

 

●妻よ薔薇のやうに ¥400〜
※amazonプライムビデオで視聴できます。

目次