今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2020.7.25.

 

 

 

 この年の9月1日。ナチス・ドイツとスロバキアのポーランド侵攻。アドルフ・ヒトラーがT4作戦を発令し、第二次世界大戦が勃発しました。世界は、武力に物を言わせて制圧しようとするリーダーのおかげで混乱の極み。日本も例外ではありませんでした。国内では、国民生活の戦時統制が強まりました。2月には、金製品回収・強制買い上げを実施。4月、米穀配給統制令法公布。6月、日本国民の男子の長髪及び女子のパーマネントを禁止する生活刷新案が閣議決定。7月に、国家総動員法に基づき国民徴用令が交付され、戦時下の重要産業の労働力を確保するため厚生大臣に対して強制的に人員を徴用できる権限を与えました。これにより国民の経済生活の自由は失われました。9月には、厚生省が「結婚十訓」を発表し、「産めよ殖やせよ国のため」の標語を掲げました。そして、10月、石油が配給制となり、 物価統制令・地代家賃統制令施行。11月には、米穀強制買上げ制公布実施。とうとう12月には、白米禁止令実施(七分づき以上を禁止)。木炭の配給実施されました。この一年間で、国民生活はますます困窮していきました。今から比べると驚くほど、我慢を強いられていた時代。この時代に生きていた人たちが「今の人は、我慢を知らない」と口々に言われるのがわかる気がします。一方で、今を生きる私たちは、このような我慢を強いられず生きてこられたことを知り、それだけで幸せなことだと心に刻んでおきたいものです。

 

 さあ、今回はこの混乱の世にあった時代の恋愛ストーリーをご紹介。溝口健二監督の「残菊物語」。この年のキネマ旬報邦画ベスト・テン第2位を獲得した作品。溝口の監督作品の『芸道三部作』の一つとして知られています。戦前の映画は、現存するものが少なく、芸道三部作の中でも唯一残された貴重な一つ。『残菊物語』(ざんぎくものがたり)は、村松梢風による日本の短編小説を映画化したもので、後に戯曲やテレビ映画としてもリメイクされています。主人公は、歌舞伎役者二代目尾上菊之助。人気役者である尾上菊五郎の息子として何不自由なく育ちますが、芸の鍛錬に身が入らず人気も地位も親の七光りと後ろ指を刺されてしまいます。そんな、菊之助に唯一本音で接してくれたのが、義弟の息子の乳母をしているお徳でした。そこから、二人の恋が始まります。しかし、稀代の人気俳優の息子とその家の使用人という身分の差が二人の恋路を阻みます。その先は、観てからのお楽しみ。

 

 作品の画像はもちろんモノクロで、時代背景は明治初期の設定。映画が公開された年から4、50年遡るので、ざっと今から120年程前のお話です。江戸時代の身分制度が色濃く残っているのでしょう。当時の人の振る舞いは今とは全然違います。当時のことを知る人がまだ生きていた時代だからこそのリアリティがあるように思います。さらに自由恋愛が珍しかった時代「身分の差を乗り越えて、実る恋」というテーマが当時としては刺激的だったのではないでしょうか。そして、献身的で純真な心をもつお徳の人柄は、当時の理想の女性像として描かれていたのかなと思います。時代背景を考えると若干の怖さと、女の幸せの振り幅が狭すぎるんじゃないかい?と今を生きる私は考えてしまいます。しかし、現代を振り返って見ると、玉の輿を狙って婚活三昧の今の結婚事情とは全く異なる世界観です。同じ価値観を持つ女性の振る舞いとしては、昔の方が品がありますな。この恋愛観の違いも見所かもしれません。

 

残菊物語

DVDパッケージ

公開日:1939年10月10日

上映時間:146分

ジャンル: ドラマ

監督:溝口健二

キャスト:花柳章太郎, 森赫子, 河原崎権十郎, 高田浩吉

【内容】

尾上菊之助の悲恋を描いた溝口健二監督の名作。五代目尾上菊五郎の養子である二代目菊之助は、上滑りな人気に思い上がっていた。そんな彼の芸の拙さを指摘した弟の若い乳母・お徳に、彼は愛情を抱き始めるが…。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。(「キネマ旬報社」データベースより)

 

●あの頃映画 松竹DVDコレクション 残菊物語 デジタル修復版  ¥2,190〜
※amazonプライムビデオ、You tubeでも視聴できます。

目次