今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2020.1.18.

 

 

 

 日本人にとってお正月は、 年の始まりを祝う大切な日。年が明ける前までに、すす払いをして場を清め玄関にお飾りを付ける。家の中には、家内安全を願い、輪〆や鏡餅などを願いを込めて飾ります。今でもお正月は、家族総出での大掃除に始まり、家族が集まり食卓を囲う特別な日。独立した子供たちも家族で里帰りする人も多いのではないでしょうか?しかし、そんな大勢で過ごす賑やかなお正月もあれば、一人静かに過ごすお正月もあります。家族の形は、人それぞれに違うもの。幸せの形も人の数だけあるのです。ある形が幸せだと決めつけてしまうと、幸せな人と不幸せな人を作ってしまって良くないなと最近思います。「普通は…」と常識人ぶってしまう自分を振り返ってひとり反省することがしばしばです。

 

 今回、ご紹介するのは小津安二郎監督の「父ありき」。妻に先立たれた父と息子のお話です。笠智衆が演じる中学教師の父には、小学生の息子がいます。しかし、学校の遠足で起きた事故をきっかけに父は教師を辞め、生まれ故郷に息子と帰ることを決めます。そして、息子は寄宿舎へ、父は仕事に専念する日々へと親子は別々に暮らすことになりました。息子にとっては、唯一の肉親である父と離れて暮らすのはとても辛く淋しいものでした。しかし、歯を食いしばって、勉強に励みます。父は、父親の責任を果たすために一生懸命に働き、息子を大学へ進学させました。その後、息子はかつての父のように中学教師になりましたが、いつか父と一緒に暮らしたいという想いを募らせます。しかし、その願いがようやく叶ったと思ったら……。

 

 お互いに一途に想い続ける親子の気持ちが、真っ直ぐに表現された愛情溢れる物語です。息子にしてみたら、よっぽど不安で淋しかっただろうに、良くぞ腐らずに育ったものだと感心すると同時に、一緒に暮らすことが親子関係を作るすべてではないことに気付き、愛情とはなんなのかということを考えさせられます。結局、父の敷いたレールに乗って人生を歩む息子の姿は、今を生きる私の感覚からすると「それでいいの?」と疑問符がつく部分もあるのですが、昔の父親というものはそういうものだったのかと、帝国主義にあった日本人の考え方の違いを感じる部分もたくさんあります。しかし、それ以上に父親の息子に対する愛情や息子が父親に感じている尊敬の念が胸を打つ作品です。父と息子の親子関係は時に反発しあったり、照れ臭くて話せなかったりするものですが、大切な絆がきちんと描かれた優しい眼差しを感じることができる秀作です。

 

 作品は、大正から昭和初期の時代設定だそうですが、父親の在り方の変化にも注目して観ると面白い発見があるかもしれません。

 

父ありき

公開日:1942年4月1日

上映時間:94分

ジャンル: ドラマ

監督: 小津安二郎

キャスト:笠智衆, 佐野周二, 津田晴彦, 佐分利信, 坂本武

【内容】

小津安二郎監督が唯一、戦時下に撮り上げた作品。男手ひとつで育て、その後別々に暮らさねばならなくなった地方の中学教師である父と、成長してやはり別の地方で教師になった息子との深い哀歓を描く。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。(「キネマ旬報社」データベースより)

 

●父ありき [DVD]  新品 ¥2,192〜

※アマゾンプライムでも視聴できます。

目次