今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2019.9.7

 

 

 

 1952年の日本では、前年の1951年9月8日に調印されたサンフランシスコ平和条約が1952年4月28日に発効され、この条約により連合国による占領は終わり日本は主権を回復しました。終戦から7年目。街の再建が進み、硬貨で使える公衆電話が登場し、街のインフラが整いつつありました。また、現在も残る50局程の民放AM放送局のほとんどが1952年前後に開局され、生活の中にラジオという娯楽も生まれました。ようやく人々の暮らしも少しずつ豊かさを取り戻しつつある、そんな雰囲気の時代だったでしょう。

 

 当時、日本を代表する映画監督のひとり小津安二郎監督。戦時中、検閲によって却下されていた脚本をあらためて取り上げた作品が「お茶漬けの味」でした。家族をテーマに作品を撮り続けた彼がこの映画でテーマにしたのが「夫婦」。主人公は、裕福で何一つ不自由のなく暮らす中年夫婦。長いこと夫婦を続けていれば、誰しも思い当たる夫婦間のすれ違いをユーモアを交えながら描いています。

 

 今とは違うのは、結婚するのが当たり前の時代背景。1950年代は、約98.5%の人が結婚していた時代です。今のような恋愛結婚ではなく、お見合い結婚が多かった時代。親や親戚の勧めで、本人の意思とは関係なく結婚することも珍しくなかったのですから、当然、相性の合わないカップルがいてもおかしくありません。時には、嫌でもその家に仕えることが優先され、その状況の中で、いかにやり過ごすかということが女性の生き方でした。

 

 しかしながら、この映画で描かれている妻の妙子は、なかなかの強情者。東京のお嬢さま育ちの妙子と長野の田舎育ちの茂吉の違いに、不満爆発の日々。夫のことを「鈍感」と言い放ち、池の鯉に例えて言いたい放題です。一方、茂吉は毎日真面目に働き、質素な暮らしを好み、家では無口な男性。妙子の奔放ぶりも見て見ぬ振りを決め込んで、二人の距離は離れていくばかり。そんな折、茂吉の南米転勤が決まり、直ぐに日本を離れることになるのですが、妙子は家に帰ってきません。そして、そのまま会えなくなってしまう筈だった夜に、食べたお茶漬け。それが、夫婦の絆をぐっと引き寄せることになります。

 

 小津監督が描く家族のシーンには、食事シーンが多く出てきます。普段何気なくしている食事も、誰かと共にすることでかけがえのないものになることを監督は知っていたのでしょう。生活を共にする家族。それも血縁関係のない夫婦という関係に焦点を当てたこの作品。1952年の興行成績第2位。この時代の人にもっとも刺さった夫婦のドラマ。今の時代にも通じる大切なものを伝えてくれます。

 

お茶漬の味

お茶漬の味DVDパッケージ

公開日:1952年10月1日

上映時間:116分

ジャンル: ドラマ

監督:小津安二郎

キャスト: 佐分利信, 木暮三千代, 鶴田浩二, 笠智衆, 淡島千景

【内容】

佐竹妙子は有閑マダム。真面目一方の夫・茂吉をばかにしている。姪の節子が見合いの席から逃げてきたと聞き、叱る妙子。節子は「叔母さんの家庭は見合い結婚なので冷たい」と言う。感情がすれ違っていた佐竹夫婦だったが、茂吉の海外出張を機に和解する。 (「キネマ旬報社」データベースより)

 

●お茶漬の味 デジタル修復版 [DVD] 新品 ¥2,360〜

※アマゾンプライムでも視聴出来ます。

目次