今も昔も、映画はみんなが楽しめる身近な娯楽。
映画が誕生して120年余り。
私たちのおじいちゃんおばあちゃん、
あるいは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんだって
映画を楽しんできました。
ひいおじいちゃんが観ていたかもしれない100年前の映画や
お父さんの青春時代を彩っただろう50年前の映画など
公開年ごとにランダムに紹介していきます。

これまでのライブラリー

2018.11.22

 この映画が公開されたのは1972年(昭和47年)のこと。年明け間もない2月に、あさま山荘事件が起きたこの年は、日本赤軍が起こしたテルアビブ・ロッド国際空港事件、ミュンヘンオリンピック事件など物ものしい騒動が目立つ年でした。この年は札幌で冬季オリンピックが開催され、夏にはミュンヘンオリンピックが開催され、日本が世界で存在感を示した年でもあります。日本は13個の金メダルと銀メダル、銅メダルそれぞれ8個、計29個のメダルを獲得。一方で、オリンピック史上最悪の悲劇といわれるミュンヘンオリンピック事件が発生。ミュンヘンオリンピックの最中、9月5日に西ドイツミュンヘンでパレスチナ武装組織「黒い九月」によって引き起こされたテロ事件。オリンピック選手村にいたイスラエルのコーチと選手2人を射殺。残った9人を人質にし、イスラエル共和国に投獄されている日本赤軍の岡本公三を含む234人の仲間の釈放を求めました。この様子は世界中にテレビ中継され、世界を震撼させました。そして、鹿児島県の桜島南岳山頂で爆発噴火が発生。9月には、大量の灰が降り、島内の農作物に多大な被害をもたらしました。この爆発をきっかけに1990年代はじめまで、南岳山頂火口では、激しい活動が続くことになりました。

 巷では、スモックルックやドルマンスリーブ、ホットパンツといったファッションが流行。女性は益々自由にファッションを楽しみ、男性の長髪も当たり前となった時代。山陽新幹線が286km/hの世界記録を達成し、電子体温計や計算機のヒットなど技術革新の大きな波がうねりを見せ始めたエネルギッシュな時代でありました。右肩上がりの高度経済成長の中にある日本は、いわばやんちゃ盛りの青春時代。若い熱気に包まれた時代といえるのではないでしょうか。

 そんな時代背景の中、マーロンブランド演じる「ゴッドファーザー」は、空前の大ヒットを記録。男の生き様を描いたこの作品はその後も続編が制作され、未だに語り継がれる名作となりました。この年、同じくヒットした洋画作品は、「007/ダイヤモンドは永遠に」「屋根の上のバイオリン弾き」「風と共に去りぬ」「レッド・サン」等。日本映画では、「男はつらいよ 寅次郎夢枕」を始め、「昭残俠伝 破れ傘」「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」など任侠映画の花盛りの年でした。

ゴッドファーザー

公開日:1972年7月
上映時間:177分
ジャンル: ドラマ
監督: フランシス・フォード・コッポラ
主演 マーロン・ブランド, アル・パチーノ, ジェームズ・カーン

【ストーリー】
1947年。 マフィアのドン、 ビト・ コルレオーネ(マーロン・ブランド)の屋敷内で末娘コニー(タリア・シャイア)の結婚式が行われた。
コルレオーネ家の一族、「ファミリー」と呼ばれるマフィア組織の面々ら総勢数百 人が会す壮大な拳式だった。

ゴッドファーザー PART I <デジタル・リストア版>[AmazonDVDコレクション]
¥1,000

第10作男はつらいよ寅次郎夢枕

公開日 1972年12月
上映時間:95分
ジャンル: ドラマ
監督: 山田洋次
キャスト:渥美清、倍賞千恵子、松村達雄、三崎千恵子、前田吟、八千草薫 他

【ストーリー】
寅さんが柴又へ帰ると二階に御前様の甥で大学の助教授・岡倉が引っ越して来た。インテリ臭さが気に入らないが、幼馴染みで美容院を開店した千代に会いすっかりご機嫌。その千代に岡倉が一目惚れし、寅さんがこれを面白がり悪ふざけして岡倉は寝込む始末。寅さんの恋敵登場で奇妙な三角関係の恋を描くシリーズ第10作。

第10作 男はつらいよ 寅次郎夢枕 HDリマスター版 [DVD]
¥1,720~

目次