味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.7.6.

1秒でも早く美味しいものを
「なんちゃってミートローフ」

静岡県浜松市 (50代・女性)のレシピ

今回は、オーブンで時短で美味しい「なんちゃって」シリーズ第二弾。「なんちゃってミートローフ」のご紹介です。ご自身の子育て時代によく作っていて、子供たち全員がこのメニューが大好きだったと教えてくれました。最も時間に追われていた頃が三人兄弟の末っ子が幼稚園に通っていた頃。帰宅すると、朝の洗い物や洗濯、片付けもしなくちゃとやることが山積みになっている中、この料理が威力を発揮するのだとか。大きめの耐熱皿に材料を放り込んで混ぜたら、ケチャップとチーズを塗って、オープンへ。その間に、洗い物や洗濯など済ませて、副菜を作ったら、腹ペコキッズたちに提供。1時間足らずで、色んなことが片付いて、子供たちも大喜び。一石二鳥…いや三鳥、四鳥のスーパー時短メニュー。手を掛けなくても美味しくて満足できる家族みんなのお気に入りだったとか。子供達が成長した後も、ホームパーティなどで度々振舞っているそうです。簡単なのに見栄えもいいのもポイントが高いです。その中でも家庭教師の先生が気に入って、受験が終わった後も大学の仲間や彼女を連れて、この料理を目当てにお宅に訪問するそうです。このお料理が何人の人を笑顔にしたことか。幸せを呼ぶミートローフです。

 

 

メイン写真
 
 

材料(4人分)

・合挽肉 400g
a・卵 1個 ・パン粉 1/2カップ ・牛乳 適宜 ・玉ねぎ 1/2個 ・塩こしょう 適宜
・チーズ 150g ・ケチャップ 大さじ5

作り方

1. 玉ねぎを細かめのみじん
切りにする

玉ねぎのみじん切り

2. パン粉を牛乳で湿らせておく

パン粉を湿らす

3. 塩で肉を捏ねる

肉を捏ねる

4.aの材料を全部入れて混ぜて
まとめ、平らにならす

肉を捏ねる

5.ケチャップをたっぷりかけて、
チーズを乗せ、200度のオーブンで
18〜20分焼く(チーズの焦げが
気になる場合は、最初の5分程
アルミホイルをかけてください)

チーズをかける

6. チーズがとろけて、中まで
火が通ったら出来上がり
(器によって火の通り具合が違うので
焼き時間は調整してください)

出来上がり

目次