味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.4.6.

風邪を引いたらこれ!「味噌仕立てのお粥」

秋田県大仙市 女性(40代)

秋田県のとある家庭で祖母と三人兄弟の家族6人で暮らしていた頃。家族の誰かが体調を崩した時、母親がよく作ってくれたのがこのお粥でした。少し多めに作って、病気の人が最初に食べた後、元気な人が食べるというのが家族のルール。子供だった頃、先に食べてる人を見て、食べたくて食べたくて仕方なくて見ていた記憶が残っているそう。なぜか自分以外の家族が先に食べて、見ている側が圧倒的に多かったそうです。元気いっぱいな子供だったのですね。煮干しで取った出汁と田舎味噌のコクが美味しい元気になれそうなお粥です。

 

 

 
 

材料(2人分)

・煮干し 10〜15g
・水   500ml
・ご飯 お茶碗一杯
・卵 1個
・カツオ節 1パック(2.5g)
・田舎味噌 大さじ1

作り方

1. 煮干しで出汁をとる

2. ご飯を入れる

3. 味噌を溶かし入れる

4. 溶き卵を入れる

5. カツオ節を入れて出来上がり

目次