味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2020.5.2.

素朴でほっこり節句のお菓子「おかしわ」

静岡県浜松市 みいちゃんさん(50代)のレシピ

 さあ、もうすぐ端午の節句がやってきます。この季節のお菓子と言えば「柏餅」。今回は、50年以上の歴史を持つ我が家のお菓子「おかしわ」をご紹介します。端午の節句に、柏餅の代わりに食べられてきたこのお菓子。戦後の物がない時代。明治生まれのおばあちゃんが、お隣さんに教わってきたという一品。それから、半世紀以上もの間、おばあちゃんからお嫁さんへ、そして、その子供達へと受け継がれています。今では、G.W.の初めに家族が集まってみんなで作るのが習わしとなりました。毎年、7、80個作って、ご近所へ配るそう。

 

 生地が柔らかいので、あんこを包むのは時間との戦い!手に広げたらすぐにあんこを乗せて柏の葉で包む!この間5秒と心得てください。そうしないと手に生地がくっついて大変なことになります。(笑)たくさん作るときは、あんこや柏の葉を用意して段取りよくするのがポイントです。この辺りは、家族のチームワークが問われるところでもあります。蒸しあがると生地がふっくら、柏の葉がほんのり香ります。出来立て熱々を食べるのがオススメです。生地が甘いので、牛乳とも良く合います。ご近所さんも楽しみに待っているこの「おかしわ」。この「おばあちゃんの味」が、5月の風物詩として、ひ孫の代まで受け継がれますように。

 

 この時期、柏の葉やあんこはスーパーに売っているので、手に入れるのは意外に簡単です。ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

メイン写真
 
 

材料(4個分)

・小麦粉 1カップ(90g) ・ベーキングパウダー 小さじ1 
・砂糖 1/2カップ(45g) ・卵 1個 ・かしわの葉っぱ 4枚 ・あんこ 60g

作り方

1.小麦粉とベーキングパウダーを
振るい、砂糖を混ぜる
(最初に、蒸し器の準備もしておく)

小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖を混ぜる

2.卵を入れ、全体がまとまる
まで混ぜる

卵を加える

3.生地がまとまったら、4等分に
分けて、打ち粉をする
(柔らかいので手につかないように)

4等分にする

4.手のひらに生地を広げ、あんこを
乗せる

生地を広げてあんこを乗せる

5.生地を半分に折ってあんこを包み、
かしわの葉を巻く

包んで柏の葉をまく

6.蒸し器に入れ、15分蒸して
出来上がり

15分蒸す

目次