味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.8.3.

簡単!夏のお楽しみメニュー「冷や汁」

静岡県浜松市 (60代・女性)のレシピ

夏になると家の畑でナスがたくさん獲れました。最盛期の時期には、色々なメニューになって食卓に登場しましたが、この冷や汁は夏になると必ず食卓にのぼる定番メニュー。暑い最中に食べる冷たいお汁は、夏のご馳走でした。今は亡きお姑さんと一緒に作ったこのメニュー。熱々に蒸したナスをサッと素手で剥くお姑さんの姿を見て、うら若き頃のお嫁さんはびっくりしたそうです。水分をたっぷり含んだナスは蒸すことでふっくら柔らかくなり、煮干しの濃厚な出汁に良く合います。冷たくするのに時間が掛かるので、少し多めに作って、作りたては温かいお汁として食べて、冷蔵庫へ入れておいたものを、夕飯に冷たいお汁として食べるのもアイデアです。薬味は、ミョウガや大葉などもサッパリしておすすめです。

 

 

メイン
 
 

材料(4杯分)

・なす 1個(小さいものなら2個でも)
・煮干し 80g(大きめのものなら6匹くらい)  ・薬味のねぎ 少々
・味噌 大さじ1.5 ・水 600ml ・氷 適宜

作り方

1. 煮干しのワタを取り、水に30分
ほど浸けておき、出汁をとる
(すぐ火を付けても弱火でじっくり
沸騰させれば出汁はでます)

煮干しのワタをとり、水に入れる

2. ナスにフォークで穴を数カ所
開けて12分程蒸す

ナスに穴を開ける

3. ナスに火が通ったら、
冷水に取る

ナスに火が通ったら冷水に取る

4.粗熱が取れたら皮をむき、
適当な大きさに割く

ナスの皮を剥き、適当な大きさに割く

5.鍋の煮干しに火をかけ、
沸騰したら味噌を入れる

煮干しで取った出汁に味噌を入れる

6. 味噌汁にナスを入れ、粗熱を取り
冷蔵庫へ。冷えたら出来上がり

味噌汁にナスを入れ冷やす

目次