味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.1.12.

白菜が余ったら…あったか「白菜スープ」

静岡県浜松市(40代)のレシピ

白菜が余ったら、お母さんがお鍋いっぱいに作ってくれたのがこのスープ。このスープの日は、あっという間にお鍋が空っぽになるという人気ぶり。さっぱりとした和風だしに野菜の甘みと豚バラのコクが絶妙なバランスで飽きのこない味です。冷蔵庫に残っている野菜を在庫一掃できるのも嬉しいメニューです。寒い日にあったまるなら、このスープで決まり!

 

 

 

 

 

材料(2人分 少し多め)

・白菜 2〜3枚

・白ネギ 1/3本

・ほうれん草 2束

・にんじん 1/3本

・油揚げ 1/2枚

・豚バラ肉 100g

・だし汁 カップ3(顆粒を溶かしても可)

A:味付け用

・醤油 大さじ1 ・塩 小さじ1/2 ・酒 大さじ1

作り方

1.白菜を湯にくぐらせておく

2.茹でた白菜・にんじんは短冊切り、
白ネギは斜め切り、ほうれん草は
5cmのザク切り、豚肉も切り揃え、
油揚げは湯通し短冊に切る

3.豚肉以外の材料をだし汁に
入れて煮る

4.材料が柔らかくなった頃に豚肉を
入れ、アクを取る

 

 

5.Aの材料で味をつけ、出来上がり

 

目次