味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.11.16.

疲れも吹き飛ぶ「トマトのマリネ」

滋賀県彦根市(40代・女性)のレシピ

 秋も深まり、スポーツの秋がやってきました。紅葉した山をトレッキングしたり、ジョギングを楽しんだりと身体を動かすには良い季節です。

今回ご紹介するのは、身体を動かした後に食べると気分も身体もさっぱりとリフレッシュできる「トマトのマリネ」。たくさん作ってもすぐになくなっちゃう後引きメニューです。

 

実はレシピ主さんは、酸っぱいものが苦手。梅のおにぎりも苦手。タコときゅうりの酢の物も、レモンも苦手と酸っぱい系はできることなら避けたい存在でした。でも、苦手でも好き嫌いは良くないよと母親に教えられていたため、食べず嫌いせずにチャレンジしたところ、これだけはスイスイ食べられたのだそう。

 

 小学2年からテニスに夢中で、頑張った後の「トマトのマリネ」は独り占めしたくなる美味しさ。おかげで、夏バテ知らずでテニスに没頭できたそう。

 

 

出来上がり
 
 

材料(4人分)

・トマト 大4個
・玉ねぎ 1個
・パセリ 適宜
a.マリネ液:酢200cc、砂糖大さじ2、塩 小さじ2、
好みでレモンやオレンジなど柑橘系 適宜

作り方

1.マリネ液を作っておく
(よく混ぜておくこと!)

マリネ液を作る

2.玉ねぎをみじん切り、
水にさらしておき、トマトを
1cmの厚さに輪切りにする
トマトが大きい時は半分に切る

玉ねぎをきる

3.パセリも細かく切っておく

パセリを切る

4.味が均一に浸透するように
平たい器にトマトを並べ、
マリネ液を注ぐ

トマトを並べマリネ液を注ぐ

5.玉ねぎとパセリを上に乗せる

玉ねぎ、パセリを乗せる

6.お好みでレモンやオレンジを
切って乗せ、果汁も少し入れる
冷蔵庫で5、6時間寝かせておき、
食べる直前に器に移し替える

レモンを切ってのせ果汁もかける

目次