味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2020.8.15.

特別な日の「すいかのフルーツポンチ」

静岡県浜松市 女性めめこさん(40代)のレシピ

 今回ご紹介するのは、小学生の頃お母さんが作ってくれた夏にぴったりのパーティーメニュー。誕生日が8月だっためめこさん。誕生日ケーキの代わりに毎年作ってくれたのが、すいかをまるごと一個使ったフルーツポンチ。すいかをくり抜いて作った器が可愛くて、誕生日が楽しみだったそう。毎年開くお誕生日会の最後に登場するフルーツポンチは、お友達の中でも話題の的。これを目当てに参加者が年々増えていったそう。めめこさんも人とはちょっと違う誕生日のメニューは、誇らしく自慢の一品でした。

 

 しかし、ある年の誕生日会では苦い思い出が…。それは、小学三年生の時。人数が把握できずに、お母さんの想定を超えた数のお友達が来てしまい会場はパニック状態。招待したお友達に充分な食事が行き渡らず申し訳ないことになってしまいました。それでも我関せずのめめこさんに、お母さんが大激怒。その日の主役にも関わらず、みんなの前で叱られて外の倉庫に閉じ込められてしまったそう。しばらくして、出してもらえたものの本人は大泣きしてしゃくり上げながら、「ご〜め〜ん〜な〜さ〜い〜」とお母さんに謝ったことが忘れられない思い出なんだとか。今回、自分で作ってみて、意外に手間暇の掛かるこのお料理。改めて感謝すると同時に、あの時のお母さんの気持ちも少しわかったかも。

 

 すいかが美味しいこのシーズンだからこそ味わえる特別なメニュー。夏に誕生日を迎える家族に作ってみてはいかがですか?

 

 

メイン
 
 

材料(4〜5人分)

・すいか小玉 1個 ・メロン 半分 ・キウイ 2個(黄と緑)
・バナナ 2本 ・グレープフルーツ 1/2個  ・みつ豆缶詰 2個
・三ツ矢サイダー 150ml  ・すいかの果汁 150ml

作り方

1.すいかの上部二箇所を
切り落として、器を作る

スイカの器を作る

2.すいかを丸くくり抜き、
中身を全て掻き出す

すいかをくり抜く

3.メロンも丸くくり抜く

メロンをくり抜く

4.バナナ、キウイ、グレープ
フルーツを一口サイズに切る
(バナナは、変色を防ぐため
レモンに漬けておく)

材料を切る

5.切ったフルーツを混ぜて、
みつ豆を汁ごと入れる

みつ豆を入れる

6.すいかの果汁とサイダーを混ぜて、
器に注いだら出来上がり

すいか果汁とサイダー

目次