味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.8.31.

母の味をお豆に感じる「甘々大豆のひじき」

静岡県浜松市東区 (40代・女性)のレシピ

 今回は、和食の定番「ひじき煮」のご紹介。おふくろの味で思い出されるメニューの中でも煮物は各家庭で味付けや具が違うので、お店でも味わえない唯一無二の一品。里帰りした時に食べる母親の煮物は格別です。

 

 レシピを紹介してくれた家庭は、兼業農家。お母さんは毎日朝から晩まで田んぼや畑など農作業に忙しくしていたそう。そのせいか、煮物や味噌汁など味付けは、濃い目。煮物も甘辛のこっくりとした味が多かったそう。

 

 そして、一番に思い出すのは、甘く煮た五目豆。ごぼう、にんじん、こんにゃく、鶏肉が入っていました。大豆は水からゆっくり戻すのですが、ストーブの上で一日コトコトしておけば出来上がるあまり手間のかからないメニュー。それを思い出して自分でも作ってみても、なかなか同じ味にはならないそう。

 

 自分が三人の子育てに追われる母になってみて思うのは、当時喜んで食べていたメニューは全体的に手抜きが多かったこと。例えば、冬のお餅シーズンになると夕飯がおしるこという日があったそう。子どもの時は、それがとっておきのメニューで、「やったー!」と言って食べていたそうですが、それもコトコト煮るタイプのお料理。手を掛けずに子どもが喜ぶメニューということで、お母さん的にはシメシメと思っていたかもしれません。

 

 今回は、そのお母さんの五目豆を思い出して作るひじき煮を教えていただきました。大豆とひじきを別々に煮るやり方で、大豆がねっとりとコクのある仕上がりになります。シーチキンを入れるのでご飯のおかずにぴったり。今の家族もこのひじき煮は大好き。少し多めに作れば、お弁当づくりにも心強い味方になるそうです。

自分の家のひじき煮とは、一味違う煮物を楽しんで見てください。

 

 

出来上がりイメージメイン画像
 
 

材料(4皿分)

・ひじき 100g(戻した後の重さ)
・にんじん 1/2本
・油揚げ 1枚(大きさによって調整してください)
・シーチキン  1缶
・大豆(水煮) 100g

☆大豆用調味料/砂糖 大さじ3・みりん 大さじ1・水100cc
★ひじき用調味料/砂糖 大さじ1・醤油 大さじ2・だし汁50cc

作り方

1.大豆に水をヒタヒタに入れ、
☆の調味料を入れたら
弱火〜中火で15分程煮る

大豆の味付け

2. にんじん、油揚げを刻んでおく

材料をきる

3. シーチキンの油でにんじん、
油揚げを炒め、しんなりしたら
ひじきを入れ軽く炒める

具を炒める

4.★の調味料を入れ、5分ほど煮る

ひじきの味付け

5.大豆が煮詰まってトロッとした
煮汁になったら火から下ろす

大豆の煮上がりイメージ

6.ひじきが煮詰まったら、
大豆と合わせて出来上がり

大豆とひじきを合わせる

目次