味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.5.4.

昭和に出会ったハイカラ料理「ビーフストロガノフ」

静岡県静岡市 (40代・女性)のレシピ

小学校の時にお母さんが作ってくれたという「ビーフストロガノフ」。今でこそ一度は食べたことのあるお料理ですが、時代は昭和50年代。相当なハイカラ料理でした。当時、お母さんが家政婦として働いていたのが、料理研究家の城戸崎愛先生のお宅であったことから、そこで教わってきたお料理でした。

ストロガノフというのはロシアの伯爵の名前。当時、カレーは一般的な家庭料理でしたが、冷戦時代のソ連発祥の料理ですから見たことも聞いたこともないお料理。初めて食べた時に「美味しい!」と感動したのをきっかけに、特別な定番料理になったとか。その後、結婚して自分が料理するようになった今では、「今日、何にする?」と旦那さんや娘さんに聞くと、ほぼ「ビーフストロガノフ!」という答えが帰ってくるほど人気のメニュー。作り方も意外に簡単なので、時間の無いときでもサッと作れて、豪華な出来栄えなのが嬉しい料理です。

 

 

 
 

材料(2人分)

・牛肉(赤身・細切れ)200g
・にんにく 1かけ
・マッシュルーム 6個(なければ缶詰でもOK)
・トマトピューレ 大さじ4  ・生クリーム 1/2パック(100ml)
・砂糖 ひとつまみ   ・パプリカ 小さじ1/2  ・バター 20g
・オリーブオイル 大さじ1(サラダ油でもOK)
・塩・こしょう 適宜

作り方

1. 牛肉を一口大に切り、
塩こしょうで下味をつける

2.にんにくはみじん切り、
マッシュルームは薄く
スライスに

3. バターとオリーブオイルを熱して
牛肉を炒めたら、にんにくと
マッシュルームを入れ更に炒める

4. 火が通ったら、トマトピューレを
入れ、水分を飛ばす

5. 隠し味の砂糖とパプリカを入れ、
生クリームを入れ絡ませる

5. 塩こしょうで味を整えて出来上がり

目次