味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2018.11.22

冷蔵庫の重鎮 常備調味料「にんにく胡麻油」

静岡県浜松市(40代・女性)のレシピ

これがあると超便利!炒め物に使えばごま油の香りとにんにく風味が食欲をそそる「にんにくオイル」です。さっと、炒め物を作りたい時に、にんにくの皮を剥いてみじん切りにするのって、意外と面倒。まな板が臭くなるので、野菜を着る順番とか気を使います。このレシピは「特に誰かに教わったわけではないですが、家の冷蔵庫に入っていたのを思い出して作っています。」という一品。お母さんの知恵がこんな風に受け継がれて行くのですね。にんにくを大量にみじん切りにするので、素手だと指先がピリピリすることも。肌の弱い方や匂いが気になる方は、ビニール手袋を使うのをオススメします。

 

 

 
 

材料

・にんにく 2房
・胡麻油  135ml

※保存容器は、300mlのガラス製を用意。煮沸消毒をしておきます。

作り方

1. にんにく2房を、みじん切りにする

2.にんにくを瓶に入れ、胡麻油を注ぐ

3. 冷蔵庫で保存し、胡麻油が
少なくなったら継ぎ足しながら使う

★胡麻油をオリーブオイルに代えれば、パスタにも合うオイルになります!

目次