味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.11.30.

冬が始まる合図「鶏肉と白菜の中華スープ」

静岡県浜松市(40代・女性)のレシピ

 いよいよ今年も残すところあと一ヶ月。秋も深まりそろそろ冬がやってきます。気温が下がり、外から帰って冷えた身体には暖かいものがご馳走です。

今回は、冬がやってくると食べたくなるスープのレシピをご紹介します。小学校の頃、母親が初めて中華スープの素を使って作ったのがこのスープ。母親が初めて作るということは、子供にとっても初めての味。ごま油の香りがなんとも言えず、感動したのだそう。その後、度々リクエストする一品になりました。

 

当時、母親が「こんな簡単でいいなら、いくらでも」と喜んで作ってくれたのを思い出し、自分で作ってみたところ、あっという間にできてしまって、びっくり。こんなに簡単だったのかと母親のしめしめ顔に納得したのでした。

 

毎年、寒くなり始めると思い出したように登場していたこのメニュー。このスープが食卓に上ると、冬が来たことを実感していたそう。冬の訪れの合図のような存在。それぞれのお家にもそんな風物詩のようなメニューがあるのでは?

 

 

メイン写真
 
 

材料(2人分)

・鶏肉 150g
・白菜 3枚
・しいたけ 3個
・水 400cc
・中華スープの素 大さじ1/2
・塩こしょう 適宜
・ごま油 適宜
・白ごま 適宜

作り方

1.しいたけ、白菜、鶏肉を
食べやすい大きさに切る

材料を切る

2.お湯を沸かし、鶏肉、白菜、
しいたけを入れる

湯を沸かし、材料を入れる

3.中華スープを溶き入れて、
5分ほど煮る

中華スープの素を入れる

4.4. 塩こしょうで味を整え、
ごま油を回しかける

塩こしょうとごま油を入れる

5.器に盛り付け、白ごまをかけたら、
出来上がり

器に盛り付け、出来上がり

目次