味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.4.20.

伊熊家の「ピーマンのそぼろ肉詰め」

静岡県浜松市 (40代・女性)のレシピ

これでピーマン嫌いを克服したという美味しさ保証の鉄板メニュー。お弁当のおかずにもぴったり!ピーマンの肉詰めとは一味違う、簡単なのに見た目も華やかなおかずレシピです。食べる直前に「お醤油を2、3滴垂らす」という一工夫がなくてはならない味付けです。たかがお醤油、されどお醤油。この一工夫が絶妙な美味しさに変わるので是非お試しあれ。ご飯がもりもり食べれます。食卓にお醤油が出ていないと「お母さん、醤油ちょうだい!」なんて声が食卓の上を行き交うほのぼのした風景が目に浮かびます。

 

 

 
 

材料(2人分)

・ピーマン 4個
・挽肉(合挽きもしくは鶏肉) 約100g
・サラダ油 適宜
・塩 少々
・醤油 適宜

作り方

1. ピーマンの頭を切り落とし、
タネを取る

2. フライパンに油を引き、
ピーマンを焼いて、
取り出しておく

取り出しておく

3. そのままのフライパンで
挽肉を炒め、塩こしょうで味を整える

ひき肉を炒める

4. 2のピーマンに3の挽肉を詰める

ひき肉を詰める

5. お皿に盛ったら食卓へ
食べる直前にお醤油を2、3滴垂らして食べる

ひき肉を炒める

目次