味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.6.15.

パーティの締めにはこれ!
「なんちゃってフルーツプリン」

静岡県浜松市 (50代・女性)のレシピ

今回は、お母さんの視点から思い出レシピをご紹介します。食べ盛りの男の子三兄弟がいるこのご家庭では、時短でいっぺんに作れてボリューム満点の大皿料理が鉄板のメニューだったそう。お腹を空かせた男子たちをなるべく待たせず満足してもらうために考えた数々のメニューがあるといいます。時短のコツは、下ごしらえを簡単にしてオーブンへ放り込むこと。オーブンが調理している間に副菜を作れるので一石二鳥なのだとか。そして、その中でも食卓に出すとみんなが喜ぶメニューが「なんちゃってフルーツプリン」。フルーツが入っているので、見た目にも華がありケーキのようにみんなで取り分けて食べるのが特別な感じ。ホームパーティの時にも必ず「おおーっ」という声が上がるので、大勢で食卓を囲む時にはよく作っていたのだとか。その後、子供たちが成長するにつれ、三男がお菓子作りに目覚めてからは、デザート作りは彼の役目となったそう。でも、時々「あれが食べたいな」とリクエストがあるこのプリン。三兄弟にとって大切なおふくろの味なのではないでしょうか。

 

 

出来上がりイメージの写真
 
 

材料(食べ盛りの男兄弟を含む5人分)

・卵 全卵2個、黄身2個分
・砂糖 120g
・牛乳 240ml
・生クリーム 1パック
・黄桃(缶詰) 1缶

作り方

1. オーブンの余熱を170度に
セットし、卵の黄身と全卵を
耐熱皿に割り入れ、砂糖を
加えてよく混ぜる

耐熱皿に卵を入れ砂糖とよく混ぜるの説明写真

2. そこに、人肌に温めた牛乳を
混ぜ甘い卵液を作り、生クリーム
を入れる

甘い卵液に生クリームを入れるの説明写真

3. 混ざったら、小麦粉を
ふるいながら混ぜ合わせ、
軽く泡立てる

小麦粉をふるう写真

4. 薄くカットしたフルーツを
浮かべる

薄くカットしたフルーツを浮かべる写真

5. 170度のオーブンで25分焼き、
粗熱をとって冷蔵庫で冷やして
出来上がり

出来上がりイメージの写真

目次