味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2020.11.7.

キャンプの定番!
「キャベツとコンビーフのスープ」

静岡県静岡市 女性Tomoさん(30代)のレシピ

 今回は、家族キャンプに欠かせないお父さんが作るスープをご紹介。Tomoさんのお父さんは、大のキャンプ・バーベキュー好き。Tomoさんが生まれる前から夫婦でキャンプやバーベキューを楽しんでいたそう。子供が生まれてからも半年に一度はキャンプ。そして、マイカーはキャンピングカーという筋金入り。山梨や長野、東北へも足を伸ばし、究極は北海道をキャンピングカーで巡る旅でした。そして、家族キャンプで一番の楽しみといえば食事。子供の頃は、お肉やチーズの燻製など美味しいものが食べられると毎回キャンプを楽しみにしていたそう。

 

 昼間は、自然の中で遊び、日が暮れて気温が下がってくると最初に作るのがこのスープ。この時ばかりはお父さんが張り切ります。キャベツをザクッと切って鍋に入れ、水とコンビーフ、ローリエを入れたら、コトコトと煮込むだけ。柔らかくなったキャベツは芯も残さずペロリ。キャベツ丸ごと一個は量が多いかと思いますが、コンビーフから美味しいお出汁が溶け出してさっぱり食べやすく、食べ盛りの子供のおかわりで8ピースあるキャベツを家族5人でちょうど完食できちゃうのです。

 

 Tomoさんは、子供の頃からキャンプで自然に触れてきたので、木や土、水などその辺にあるもので遊ぶのが得意。いつでもご機嫌でいられるのも、自然の中で育まれた遊び心のおかげかもしれませんね。

 

 

メイン写真
 
 

材料(5人分)

・キャベツ 1個  ・コンビーフ 1缶  ・ローリエ 1、2枚
・コンソメ 1個  ・水 適宜  ・塩こしょう 少々

作り方

1.キャベツを切って、鍋へ入れる

キャベツを切る

2.ヒタヒタの水を入れ、
コンビーフとローリエを入れる

コンビーフとローリエを入れる

3.沸騰してきたらコンソメを入れ、
コトコト20分煮込む

20分ほど煮込む

4.キャベツの芯が柔らかくなったら
塩こしょうで味を整えて出来上がり

キャベツの芯が柔らかくなったら完成

目次