味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.11.2.

みんな大好きな味「すき焼き風煮物」

静岡県浜松市(40代・女性)のレシピ

 家で作る煮物といえば、肉じゃがや筑前煮、切り干し大根、おから、ひじき煮など、定番メニューがたくさんあります。そんな定番が勢揃いする中、この煮物って家でしか食べないかも?という一品がありませんか?いつの間にか、創作されて出来上がるオリジナル煮物。そんなメニューが家庭ごとにあるような気がします。

 

 今回は、いつの間にか定番になった煮物をご紹介。甘辛い味付けでご飯が進む「すき焼き風煮物」。晩ご飯のおかずというよりは、お弁当に入っていたおかずだそう。父親がお弁当に入っているこのおかずが大好きで、夕食にも顔を出すようになり、いつの間にか家族全員が大好きになっていた味です。

 

 すき焼きといえば、お肉は牛肉。ごちそう感漂うハイソなメニュー。でも、このお宅では豚肉が定番だったそう。今となっては、この煮物に牛肉が入っていたら、違和感がある位豚肉と野菜のバランスがいいと言います。肉の旨みをたっぷり吸った野菜が最高なんだとか。

 

 大人になってからは、居酒屋などで突き出しメニューでたまに食べますが、子供のころは、家でしか食べられなかった味。作り方のコツを母親に教わって時々自分でも作るそうです。
あなたの家のオリジナル煮物はありますか?

 

 

出来上がりメイン
 
 

材料(2人分)

・長ネギ 1本
・白菜 1/8個
・しいたけ 3〜4個
・にんじん 1/3本
・豚肉(ロースがおすすめ) 300〜400g
・炒め油 大さじ1
a.砂糖大さじ3、酒大さじ3、醤油大さじ2

作り方

1.白菜、長ネギ、にんじん、
しいたけ、肉を適当な大きさに
切っておく

野菜を切る

2.油を入れ、にんじんを炒める

人参を炒める

3.白菜、長ネギ、しいたけの順に
野菜を重ねる

野菜を重ねる

4.aの調味料を入れ、蓋をして
5分蒸煮にする

味付け

5.白菜から水が出てきたら、
肉を入れサッと火を通す

肉を入れる

6.肉に火が通ったら出来上がり

出来上がり

目次