味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.8.17.

ほっこりやさしいネパールのお母さんの味
「野菜カレー」

静岡県浜松市在住 ネパール出身 (40代・男性)のレシピ

 今回は、ネパールの国民食 ダルバートのメイン料理として作られるタルカリをご紹介します。肉は滅多に食べないネパールでは、普段は豆や野菜を中心としたカレーがメインのおかずになります。ジャガイモとカリフラワーのカレーは、ネパールでもよく見かける組み合わせ。水分を飛ばして作るのでジャガイモとカリフラワーがホクホクの食感に。山岳地帯にある故郷の村でもジャガイモはよく採れる野菜のひとつ。ジャガイモと豆のカレーをよくお母さんが作ってくれたおふくろの味。ネパールのカレーはスパイスを沢山使わないあっさり系。水牛の乳から作ったギーをたっぷり入れることで、コクがでます。じゃがいもがお腹に溜まるので、これ一品あればお腹いっぱいです。ご飯と一緒にどうぞ。

 

 

出来上がりイメージ
 
 

材料(2人分)

・じゃがいも 2個 ・カリフラワー 1/2個 ・たまねぎ1/2個
・にんにく 1カケ・しょうが 1カケ ・塩 小さじ1
・ターメリック 小さじ1/2 ・クミン 大さじ1 ・ガラムマサラ お好みで
・お湯または水 300mlくらい ・炒め油 大さじ2  ・バター(あればギー) 20g
※スパイスはお好みですが、ターメリックを入れすぎると苦くなるので注意
※ガラムマサラは辛味の強いものがあるのでお子様に作る時は注意してください

作り方

1.じゃがいも、カリフラワーを
ざっくり切って、たまねぎを
スライスし、にんにくとショウガを
みじん切りにしておく

材料を切る

2. 油とバター(ギー)でたまねぎを
しんなりするまで炒める

たまねぎを炒める

3. にんにくと生姜のみじん切りを
入れて香りが立ったら、
スパイスを入れる

クミンなどスパイスを入れる

4.じゃがいもとカリフラワーを入れて
炒めたら、お水をヒタヒタに入れ煮る

カリフラワーとじゃがいもを入れる

5.中火で15分程、水分を
飛ばしながら煮る

水をひたひたに入れる

6.水がなくなったら火を止め、
塩で味を整えて、出来上がり

水分を飛ばす

目次