味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2018.12.29.

お醤油屋さんのおもてなし料理「鳥めし」

静岡県浜松市浜北区(60代)のレシピ

醤油の醸造所を営むお家に嫁いですぐの頃、お姑さんに教わりながら一緒に作ったお料理の一つ。誰かお客様が来るときに作るおもてなし料理だったとか。味付けご飯は、食べ応えがあってご馳走感のある一品。海苔の香りが甘辛い具材とよく合います。お刺身や焼き物・揚げ物などご馳走をいただいた後に、シメにこれが出てきたら、お腹いっぱいでも別腹で入りそう。「最近は作ってないけどね」と言っていたものの、このレシピを伺った後に今の家族の食卓にも復活したそう。子供も大人も嬉しいご馳走ご飯です。

 

 

 

 

 

 

材料(4膳分)

・たまねぎ 1/2個

・鶏ひき肉 200g

・卵 2個

・米 3合 (お米用の水)

・のり 適宜

A:具の味付け用

・酒 大さじ1 ・みりん 大さじ1 ・砂糖 大さじ1 ・醤油 大さじ1

B:ご飯の味付け用

・酒 大さじ2 ・みりん 大さじ1 ・醤油 大さじ1

作り方

1.みじん切りにしたたまねぎを炒め、透き通ってきたら鶏肉を入れ、さらに炒める

2.火が通ったら、卵を入れ火を通す

3.Aの調味料で味付けする

4.味を馴染ませたら、ザルに上げ汁を切る

 

 

5.お米に具から出た汁と3合分の水を入れ、Bの調味料で味を整え、炊く

 

 

6.炊き上がったらお茶碗にご飯、その上に具材を盛り付けて出来上がり

 

目次