味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.9.14.

お弁当にはこれじゃないと!「ねぎ入り卵焼き」

静岡県浜松市中区 (40代・女性)のレシピ

 子供の頃、運動会や遠足に持たせてくれたお弁当。みなさんのお弁当にはどんなおかずが入っていましたか?ウインナーや豚肉の生姜焼き、ハンバークや鳥の唐揚げ、きんぴらごぼうやほうれん草のソテー。タコさんウインナーが入っていたりすると嬉しかったものです。その中でも、忘れてはいけないのが卵焼き。卵焼きは甘いのが好きですか?それともしょっぱいの?時には海苔が巻いてあったり、ミックスベジタブルが混ぜてあったり。それぞれの家庭の味があるのが卵焼き。この卵焼きが美味しいかどうかは、お弁当のクオリティを大きく左右します。今回は、お弁当の影の番長と言っても過言ではない卵焼きをご紹介します。

 

 今回教えてくれたのは、母親がよく作ってくれた「ねぎ入りの卵焼き」。小中学校では給食がありますが、高校生になるとお昼はお弁当。当時、母親に毎日お弁当を作ってもらっていたそう。鳥の唐揚げやコロッケ、ハンバーグなどメインのおかずは、毎日変わるのですが、必ず入っていたのは卵焼き。それもねぎ入り。高校生当時、父親のお弁当にも入るこのネギの入った卵焼きは、ちょっと可愛くないなと思っていたそうですが、味は格別。味付けは甘い卵焼きなのですが、ねぎが入るとご飯に合う!ちょっとお醤油をかけると最高なおかずになります。料理はそれほど好きではなかった母親が作るお弁当には冷凍食品も入っていてそれも美味しかったのですが、卵焼きはいつも手作り。このねぎが入った卵焼きは、母の味として記憶に残っているそうです。今でもお弁当に入れる卵焼きには、ねぎをしっかり入れているそう。

 

 卵焼きは、焼き方を含め味付けも様々。ちょっとお醤油を入れたり、出汁を入れたり、あなたの思い出の卵焼きはどんな卵焼きですか?

 

 

出来上がりメイン
 
 

材料(2人分)

・卵 2個
・青ねぎ 1本
・砂糖 小さじ1
・塩 少々
・サラダ油 適宜

作り方

1.ネギを小口切にする

2.卵をボールに割り入れる

卵を割り入れる

3.ねぎと砂糖を入れ混ぜる

ネギと砂糖を入れ混ぜる

4.油を引いて熱したフライパンに
卵を入れ、軽くかき混ぜながら焼く

フライパンに卵を入れる

5.卵が固まってきたら、端から巻いていく

端から巻いていく

6.中まで火が通ったら出来上がり

中まで火が通ったら出来上がり

目次