味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2018.12.15

おばあちゃんの具沢山「オムレツ」

静岡県浜松市浜北区(70代・女性)のレシピ

昭和51年に84歳で亡くなったおばあちゃんがよく作ってくれていたオムレツ。じゃがいも、人参、玉ねぎ、お肉を炒めたボリューム満点のおかず的オムレツ。いわゆる昭和のお母さんが作る洋風料理です。今やオムレツといったらふわとろの卵が定番ですが、こちらはしっかりと焼くタイプ。仕上げは、親戚が造っている高嶺ソース(中濃)をかけて食べるのがお約束。オムライスはケチャップなのだけど、オムレツはソースで食べるのが定番です。おばあちゃんが作ってくれたこのオムレツは、三人兄妹それぞれの家で受け継がれて、従姉妹たち共通の味。今のオムレツとは少し違う昔懐かしい味でご飯が進む一品です。

 

 

 

 

 

材料(2人分)

・たまねぎ 小さめを半分
・じゃがいも 1個
・にんじん 3分の1
・豚ばら もしくはひき肉 50g
・卵 3個(ひとり1個半)
・きゃべつ 適宜
明治屋醤油の高嶺ソース・中濃 適宜
※付け合わせはキャベツの千切りが定番ですが、お好みで

作り方

1.たまねぎ、にんじん、豚ばらを角切りにする

たまねぎ、にんじん、豚ばらを角切りにする

2.じゃがいもとにんじんは茹でておく(500wレンジで2分弱でもOK)

じゃがいもとにんじんは茹でておく(500wレンジで2分弱でも大丈夫)

3.たまねぎ、豚肉を火が通るまで炒めたら、2を入れて、塩コショウで味を整える

3.	たまねぎ、豚肉を火が通るまで炒めたら、2を入れて、塩コショウで味を整える

4.3をお皿にとり、卵をクレープ状に焼く

3をお皿にとり、卵をクレープ状に焼く

 

5.卵が半熟くらいのところに4を真ん中に入れる

卵が半熟くらいのところに4を真ん中に入れる

 

6.6. 卵を具に巻いて出来上がり

卵を具に巻いて出来上がり

 

目次