味噌汁、肉じゃが、カレーライス。
お袋の味と言われるメニューは数あれど、
子供の頃に食べたおいしい記憶は、
大人になってもずっと残っているもの。
母親や父親、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんが
作ってくれたあのメニュー。
思い出と一緒にご紹介します。

2019.3.23

おばあちゃんのごはんのお供「ミートソース」

静岡県静岡市 (20代・女性)のレシピ

実家に住んでいた頃、一緒に住んでいたおばあちゃんは、何かに夢中になるとそれをずっと続けるタイプの人でした。物心ついた頃には、このミートソースをおかずに食事をするのが定番。ほかほかの白いご飯に、この昔ながらのケチャップ味のミートソースをON!意外にも好相性の組み合わせで、海苔の佃煮よろしく食卓に常備されていたそうです。子供の頃は、部屋にいると台所から焼けたお肉とケチャップの匂いがぷんとしてきて、「あ、また作っているな」とおばあちゃんの気配に気づくのです。その後、社会人になり、一人暮らしをするようなってから、時々懐かしく思い出してこのミートソースを作るそう。

今回は、ご飯にもぴったりな昔ながらのミートソース。たまねぎとにんじんたっぷりで野菜の甘みが優しい素朴な味わいです。もちろんパスタに掛けても美味しいソースです。

 

 

 
 

 

材料(パスタ4皿分)

・たまねぎ 3個
・にんじん 1本
・ひき肉 500g
・ケチャップ 大さじ6
・ウスターソース 大さじ
・塩・こしょう 適宜
※冷蔵庫に1週間程保存できます。

作り方

1. たまねぎ・にんじんを
みじん切りにする

2. たまねぎをアメ色に
なるまで炒める
(30分くらい)

取り出しておく

3. たまねぎがアメ色になったら、
にんじん・ひき肉を入れ
さらに炒める

にんじんとひき肉を入れる

4. ひき肉に火が通ったら、
トマト缶を入れる

トマト缶を入れる

5.ケチャップとソースを加え
10分程煮込む

 

 

6. 汁気が飛んで煮詰まったら、
塩こしょうで味を整えて
出来上がり

15分程度煮込む

 

 

目次