「介護」といっても何をすれば良いのか、まだよくわからない。
でも、困ってからでは遅いような気がする…
そう思った時が一歩を踏み出すその時です。
知ってしまえば、安心できる。
プロフェッショナルのサポートを受けるには
どうしたら良いのか、わかりやすく解説します。
最初の一歩踏み出すお手伝いします!

03

介護保険はどうやって使うの?・・・要介護認定

要介護状態区分イラスト

介護保険を利用するには被保険者が「要介護認定」を受ける必要があります。まず「市町村の介護保険担当窓口」もしくは「地域包括支援センター」に相談し、利用の希望を伝え、申請書を提出します。  そして、介護保険利用の対象者であるかを判定してもらいます。これが「要介護認定」です。心身の状況を調べるために「訪問調査」が実施され、本人と家族などへの聞き取り調査が行われます。  この調査結果と主治医の意見書などをもとに、一次判定を行います。そして、保健・医療・福祉の専門家が審査する二次判定を経て、介護を必要とする度合い(=要介護状態区分)が判定されます。要介護度の一時判定はコンピュータによるもので全国一律の方法で実施されます。1日あたりの介護に要する時間を訪問調査のデータをもとに樹形図を用いて算出します。  結果の通知までに要する期間は1〜2カ月程度。認定結果によって利用できるサービスが異なります。

 

文・見崎庸平(ランチプレス)

 

〈監修〉
落合克能
(聖隷クリストファー大学社会福祉学部教員)

目次