「介護」といっても何をすれば良いのか、まだよくわからない。
でも、困ってからでは遅いような気がする…
そう思った時が一歩を踏み出すその時です。
知ってしまえば、安心できる。
プロフェッショナルのサポートを受けるには
どうしたら良いのか、わかりやすく解説します。
最初の一歩踏み出すお手伝いします!

01

地域包括支援センターってどういうところ?

ケアマネージャー・社会福祉士・保健師イラスト

 いざ介護サービスが必要になったとき、または遠からず介護が始まりそうと思ったときに相談にのってくれる総合窓口。高齢者が住み慣れた地域で安心して生活を送るための相談機関として、市町村が設置主体になっている公的な機関です。人口2~3万人の日常生活圏域を1つの地域包括支援センターが担当していて、多くの場合、中学校ごとの学区がこれにあたります。社会福祉法人や医療法人などの公共性の高い民間法人が市町村から委託を受けて運営しているケースも多くあります。  地域包括支援センターには、主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師等のスタッフが配置されていて、介護のことのみならず、健康管理・家族問題・虐待・一人暮らし・財産管理など、高齢者世帯のさまざまな問題に対応しています。行政・保健所・医療機関・児童相談所などとネットワークを持っていて、相談内容によってはそれらの機関につないでくれる拠点です。また高齢者に関する相談以外にも、地域住民の保健・福祉・医療についての各種相談を広く受け付けています。  相談は無料で、相談内容が他に漏れることはありません。体調が悪かったり、家族の介護などで相談に行けない場合はスタッフが訪問してくれます。浜松市では「高齢者相談センター」という名称でも呼ばれています。

 

文・見崎庸平(ランチプレス)

 

〈監修〉
落合克能
(聖隷クリストファー大学社会福祉学部教員)

目次